海南市下津町の歯科・歯医者なら、しもつ歯科クリニック

電話予約
WEB予約

院長・スタッフstaff

院長あいさつ

岡 有希子
院長
有希子
おか ゆきこ
からだもこころも、
「バリアフリー」の
歯科クリニック。
院長の岡 有希子と申します。
この度、下津町でしもつ歯科クリニックを開院させていただくこととなりました。

皆さまは歯科医院に通う際、少なからず「勇気」や「気合」や「難しいスケジュール調整」を要してはいませんか?
特に小さなお子さまがいる場合、保護者の方が自分自身の通院時間を確保するのは大変ですよね。

そこで当院では、物理的にも精神的にも「バリアフリー」の歯科医院をめざし、さまざまな工夫をいたしました。
院内は完全バリアフリーで、キッズコーナー、キッズトイレ、おむつ交換台を設置しております。さらに、保護者の方の診療中は、保育士によるお子さまの見守りサービスを行っています。
また、スタッフと患者さまが対等の関係でコミュニケーションがとれるよう心がけています。スタッフからは治療内容を丁寧にお伝えしますので、患者さまもわからないことや心配なことは、遠慮せず何でもお話しください。

地域の皆さまにとって、気軽に通えて何でも聞ける、そんな身近なホームドクターでありたいと思っています。寝たきりなどの事情で通院が難しい方には、訪問歯科診療にも対応いたします。

歯科医療を通じて、下津町に皆さまの笑顔が増えるよう努めてまいります。

経歴

副院長紹介

岡 真太郎
副院長
真太郎
おか しんたろう
患者さまの歯は宝物。だから、
なるべく抜かない治療を
めざします。
皆さま、こんにちは
しもつ歯科クリニックの副院長、岡 真太郎です。

私は歯科医師になってから、多くの患者さまと向き合ってまいりました。長く大学病院にいたこともあり、重症の患者さまも多く、その経験から痛感したことがあります。

それは、「患者さまの歯は、何にも代えがたい宝物」だということです。
どんなに高価な入れ歯も、ご自身の歯に勝るものはありません。歯を1本でも失うと、さまざまな不自由に戸惑うことになってしまいます。

そこで、私は重症のむし歯もなるべく抜かずに残す、根管治療を重視しています。「ひどいむし歯なら、抜いたほうがすっきりする」と思われがちですが、ご自身の歯根だけでも残すことで、噛み心地の維持や歯周組織へ伝わる衝撃の緩和などさまざまなメリットがあります。
当院ではマイクロスコープと歯科用CTを駆使した精密な根管治療を強みとしていますので、他院で抜歯するしかないと言われてしまった方、何度も根管治療を繰り返している方も、ぜひご相談ください。

患者さまが「なかなか痛みの取れなかった歯がすっきりした」と喜んでくださったり、お子さまが「意外と怖くなかった」と、にっこり笑顔で帰られることは、私にとって大きな喜びです。
どうぞ私たちとご一緒に、大切な歯を守っていきましょう!

経歴

所属

  • 大阪大学附属病院保存科 所属
  • 大阪大学歯学部附属病院
    オーラルデータサイエンス共同研究部門 特任研究員

スタッフ紹介

  • しもつ歯科クリニック スタッフ

歯科衛生士:五嶌 舞佳

歯科衛生士:薮下 智恵子

受付:狗巻 見来

保育士:山縣 夏実

保育士:竹田 勝美